スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライパン

結婚祝いにえのさんにティファールセットをいただいて、その中の浅いフライパンをめっちゃ頻繁に使ってたんだけど、2年たってもう焦げ付きがどうしようもなくなってしまった。
コーティングもなくなっちゃったんだろうな〜

ティファールを買い換えてもよかったんだけど、肉料理とかで強火にすることが多くて、結局またすぐ傷めちゃいそうだなあと思ったので、よく使うフライパンは鉄に挑戦することに。


これにしました。

鉄のフライパンって、買ったら一回空焼きっていうのをやって、サビ防止のコーティングを剥がす必要があるらしいんだけど、めんどかったので空焼きが不要というこれに(なぜ不要なのかは考えないことにする)

料理後は水とたわしでこすって、キッチンペーパーで水気を拭いて終わり。
洗剤で洗わなくていいので逆にラク〜

錆びたりくっついたりするようになったら何かしなきゃいけないっぽいけど、今のところは大丈夫。
水気は拭いてるので、問題が起きるとしたらくっつきかな。

ガビガビに焦げても復活できるらしい。
焦げ付くようになった鉄のフライパンをリセットして復活させる | ちゃんとしたブログ

とりあえずオイルポット買おう。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。