スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF6終わった

クリアしました!(夫が)
最後までアツイ戦いで、曲もかっこよくて最高でした〜
スーファミのゲームはセリフも短いしボイスもないし、視覚的にもドット絵がちまちま動いてるだけでそうとうしょぼいんだけど、その分想像できるところが多くてめっちゃ楽しかったです。
このシーンはきっとこう言っているに違いない……と脳内補完しまくってました。

最後シャドウがひとりで去ってしまうところが一番悲しかった。
猫飼うようになったからか、インターセプターとの別れがつらすぎる……せめてリルムとなかよく暮らして欲しいな。
そしてシャドウも死んでなくって、きっとビリーが守ってくれたんだ、がんばって生きよう、って感じになってるに違いない。絶対そう。

エンディングのフィガロの曲が流れるところもすごくよかった。
一周しただけだから、BGMが全体的にあんまり頭に残ってないのがちょっと残念。
あの頃のゲームって何周もするタイプの子供だったから、ほとんどの曲はサントラ買わなくてもわかるっていうのが普通だったので、そうじゃないのがちょっと寂しいな。

キャラは、夫がガウとゴゴを全然育てなかったのでその2人は謎なんだけど、メインキャラっぽい人たちはみんな好きになりました。
その中でもセッツァーが、悲しい過去を乗り越えて未来へ向けてやったるで!みたいな流れがわかりやすくてよかった。サイコロつよい。
セリスも、身投げのシーンで相当なインパクトを残してきて、それからずっと注目してたので最終的にめっちゃ好きになりました。ロックと幸せになってほしい本当に。
ティナもかわいいし、エドガーマッシュロックカイエンもいい人たちでみんな好きです〜
Wikipediaにも「FF6は特定の主人公を擁さない群像劇」みたいに書いてあって、そのとおりどのキャラが主人公(クラウドとかティーダ的ポジション)なのかハッキリしないとこも、みんなを好きになれたポイントだったのかな〜と思いました。

つぎは5をやるそうなので、そっちはそっちで楽しみ。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。