スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し その1

社宅の契約が切れるので、引っ越すことにしました。
まあ今の会社の状況からすれば、まだ社宅に居座ることはできたと思うんですが、
もともと一年で出るっていう予定だったので、
全然部屋づくりとかやる気になれなくて、
さっさと引っ越しちゃいたい気分でいっぱいだったので・・・

今回の引越しは2回に分けて行うことにしました。
小物は自分たちで運んで、大物家具のみ業者に運んでもらいます。

いろいろあったけど簡潔に、長所と短所!

■短所
・めんどくさい、疲れる
主にダンボールの用意、緩衝材の用意、運搬がめんどう。
ダンボールはもちろん、近所のスーパーとかでもらうんですが、
大きさは揃ってないし汚いし、持ち帰るのも結構大変だし・・・
なんかフタを閉めても、フタが全部を覆えないタイプとかあるんですよね。
半分までしかフタがないみたいな。
そういうのはビニール袋のストックでフタを作ったり。
緩衝材はタオルとか衣類で代用したり・・・

あと運ぶのはやっぱりすごく面倒です。
今回は軽トラとかではない、普通の車で運んだんですが、
結果5往復、時間にすると6時間くらいはかかりました。
このダンボール分を業者にいっしょにやってもらうと+5千円。
でもダンボールも緩衝材ももらえるし、もちろん運ぶのも横で見てるだけ。
正直5千円分得した気分にはなれません。

まあ私はあんまり運んだりせずに、ガスの業者の人を待ったり、
片付けとかしてる側だったのであれですが・・・

・第一便と第二便の間の暮らしのこと
どういうことかというと、今回、11日に自分たちで運んで、
業者に大物家具を運んでもらうのが次の土曜の17日なんです。
つまり、1週間、家具だけの殺風景な部屋で過ごさないといけない期間ができます。
まあ過ごせないことはないんですが、無駄に不便なのがちょっとどうかなっていう・・・
調理器具とかも全部持ってっちゃったから1週間外食だしね。

■長所
・楽しい(かも)
仲の良い友達とかとわいわい作業するのはけっこう楽しいかもしれません。
まあ手伝ってくれたのは、どっちかというと私の友達というよりは
くすの友達だったのですが、それでも結構楽しかったです。

・一応安い
今回、荷物を全部運んでもらったときの料金と、
大物家具だけ運んでもらったときの料金の差は5千円でした。
まあ浮いた5千円で自分へのごほうびとして肉でも食うかーとかできます。

■結論
・一部自分で運ぶなら、全部自分で運んだ方がいい
軽トラは6時間5千円とかでレンタルできるみたいだし、
近距離なら6時間あれば1人暮らしの荷物は全部運べちゃう感じでした。
もちろん力持ちの人が2人はいないと厳しいですが・・・

これからライフスタイルが変わるっていう人はいいんですけどね。
私も寮から実家に戻るとき、実家から一人暮らしに移るときは
自分たちで運びましたが、特に苦はなかったように思います。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。