スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SH-04bをあたい色に

前回の続きで、中身のカスタマイズ編。

といっても、これまでの携帯に比べて新しく増えた機能が多いので、
携帯を変えるより、自分が変わった(慣れた)ほうが早い部分も多いです。

メニュー関連は省略。
前の携帯はメニュー項目9個までだったけど、SH-04bは12個まで設定できます。
けどiコンシェルも解約したしお財布ケータイも使ってないし、
全然有効利用できてません(・з・)うーん


■カメラ
・手ブレ補正 初期設定ではOFFになっているので、ONに
・ライト 初期設定ではONだかオートになっているので、節電?になるかとOFFに
→オフにしてもついてる。なんで?まあいっか(・з・)
・撮影サイズ 初期設定では待受サイズ(私はVGA 640*480に変更)
・保存先 「本体」と「SD」の二択(フォルダまでは指定できない)

■iモード

iボタンでいきなりiMenuに接続されてしまう
メニューからi-mode→iモード設定→共通設定→iモードボタン設定で「iモードメニュー表示」にしておけば、メニューからi-modeに入った時と同じ画面が出るようになります。
待受画面でうろうろする羊が邪魔。
iコンシェルで活躍するマチキャラです。
メニューからSettings→表示・ランプ・省電力→テーマ・各種画面設定→マチキャラ→OFF で消せます。
待受画面の下に流れるテロップも邪魔。
iチャネルです。
メニューからi-mode→iチャネル→iチャネルテロップ設定→メイン画面→OFF で消せます。


・フルブラウザって前の携帯にはついてなくて、PCサイト見れるだなんて便利だなって思ったけど、最近って主要なサイトはほとんど携帯対応してるからあんまいらないかも。パケホーダイもフルブラウザ込みのプランにしてるけど、変更したほうがいいかなーという状態
・結局iコンシェルは解約。割引と電話帳預かりサービスのために契約したんだけど、電話帳もSDにコピーできることがわかり、ふつうにPCにバックアップとればいいなって結論に
・iチャンネルは前から使ってるのでそのままに。でもテロップは表示させないようにしました

■表示関係

・マイピクチャの表示がWindowsVistaみたいに妙にグラフィカル。サブメニュー→2ページ目の静止画設定→表示切替で解決。


・きせかえはプリインストールのものをそのまま使用中。飽きたときに変える方針で(これまでの塊魂セットを使うのも、なんだかオツかもしれない)
・iメニュー→メニューリスト→ケータイ電話メーカー→SH-MODEから、フォントをダウンロードして使える
・時計の数字画像がプリインストールフォルダに入ってる。これもカスタム可能?
・ショートカットのアイコンは変えれないようである。ダサイけどガマン
・設定→電池→電池マーク%一時表示ONで、携帯開いたときに一瞬、電池マークのところに電池残量が%表示されるように。気分的にちょっと余裕がもてていいかも
・各種設定後などに「~しました」のメッセージとともに表示される「Q-pot」のアニメは、設定→表示→テーマ→お知らせウィンドウアニメで変えられる(非表示にはできないもよう)

■その他
・yubitterを導入。もばついと違って、いきなりTLが表示されるのがよい
・マナーモードを解除することがないので、音系の設定はほぼ放置
・プリインストールのデコメ素材や壁紙等を消してしまっても、同じところからダウンロード可能
・デコメとは無縁の生活だったけど、プリインストールの金歯とかアリが気に入ったので、たまに使うように。消してもSHMODEからダウンロードできるので、使わなさそうなものは容赦なく削除

引用元サイト
SH-04B@Wiki - トップページ


どうでもいいけどあたいの携帯遍歴
P209i はじめからP。この後Pにはかなりお世話になる(今もP信者)
F210i オレンジがかわいかったのと、折りたたみじゃないやつがよかったのでこれに。Pと比べて使いにくすぎてFがトラウマになる
P211iS? これだっけ?中二病のあたいに真っ二つに折られたかわいそうな機種
N252i 大学入ってしばらくこれ。初めてのN。使いやすかったです
P901iS Pに戻る。閉じたときのイルミネーションとか初めてのFOMAとか、いろいろ新しくて感動
P902iS いまのところ一番良く使った携帯。色もかわいいし使いやすいし、カメラはしょぼいし、本当にかわいいやつでした。発売から3年経っても、使ってる人を街でたまに見かけます

またこういうポップな色合いの携帯、Pから出てくれないかなー

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。