スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物デイ

今日はほけんの窓口で夫の保険を選んでもらって、夫はそのまま花見に行ったので、ひとりで買い物へ。
近所にできた布屋に寄ったら北欧系のKippisというブランドのはぎれが売られてて、使いみちもないのにいっぱい買ってしまった……
あとパンツ買ってスニーカー買って、子猫のために爪とぎとか買って帰りました。
疲れた〜。
スポンサーサイト

「女子刑務所へ入っていました」の感想


読みました。
絵がこなれた感じで読みやすかった!
たまにホラー表現があるので、1ミリでも怖いやつは無理、という人にはオススメできない。

実際に刑務所に入ってた人(自称)の話を聞いたことあるけど、それと雰囲気近くて、あの人マジで刑務所入ってたのかもな…と思いました。
潔癖気味なので刑務所には絶対に入りたくない!あと怪奇現象とかも怖いので嫌だ(刑務所に入ると精神がやられていろいろ見えるようになるらしい)

UNDERTALE × JAGMO 個人的なレポ

3/17(土)に江戸川区総合文化センターで開催された UNDERTALE × JAGMO に行ってきました。

UNDERTALE は去年(2017年)の秋ごろ、友人のほ氏に勧められて知りました。
ほ氏が「プレイ動画を配信するので見てほしい」と言ってきたので、正直仕事も忙しくて乗り気じゃない…と思いながら渋々見ていたら、あるポイントでドハマリ。
PS4のパッケージ版を今年1月、ようやく自分でも買ってほどほどにプレイした…程度のファンです。
好きなキャラクターはアンダインとアルフィーです。

会場に着いたのが開場20分前とかになってしまったんだけど、物販の列がすごい!
一旦諦めてとりあえず着席すると、前の席の人が読んでいるパンフレットが気になる。
なんせめっちゃ文字が多い!かなり内容充実してそう…帰りには絶対買いたい…と思いながら始まるのを待つ。
お客さんは思ってたよりも女の子がすごく多くて、女子トイレもだいたいすごい列できてた。
そういえば UNDERTALE のファン層ってどういう感じか全然知らなかったな。二次創作も探さないし…
海外のお客さんや、小学生くらいの子供も見かけた。
あと公式グッズかな?「よこじまのシャツ」を着ている人がちらほら。
この日は一緒に行ったほ氏もアンダインパーカーを着ていて、しかもバッグにはバッジをいっぱいつけていて、ガチ感がすごかった。

ステージの上にスクリーンがひとつあって、待ち時間の間はちょっとしたアニメーションが流れていました。
公演ロゴのまわりにイヌやサンズ、テミーが現れて、ハートが画面をウロウロするだけなんだけど、ちゃんとゲーム素材使ってるっぽくて公式感がすごい!
定期的に注意事項が表示されるんだけど、その内容は大きく2点。
ひとつはネタバレがある可能性もあるので気をつけてくださいというもの。
もうひとつは「一部画面にモザイクをかけます」的な文章。
モザイクとは…???肝心なところでモザイクかかったら笑っちゃわない?と気になる。

そしていよいよ演奏者の皆さんと指揮者が登場し、スタート!
まずオープニング曲とともにダイジェスト映像が流れる。
クロノトリガーのオープニングを思い出す!
ゲームは最近やったばっかりなのになんだか心が苦しいよ〜

スタートメニューの曲が始まると、スクリーンではおちた子の名前を入力する画面に。
名前は楽団の名前からとった「じゃぐも」。
もしかして、じゃぐもの冒険に合わせて演奏していく感じ?だとするとかなりおもしろそう…!とワクワク。
その期待の通り、最後までじゃぐものプレイに沿った形でオーケストラ演奏が流れるという、ユーザー目線の演奏会に!

今回の演奏会は章立てになっていて(普通なのかな?)、おおまかな章構成はあらかじめ公式サイトに載ってたんだけど、章ごとの正式なタイトルは演奏会中にスクリーンに映される形で初披露。
第一章は「いせきのトリエル」(Webサイトでは「いせき」)
いせきの曲を演奏しながら、合間に戦闘曲やGhost Fightの演奏が挟まれるという、本当にゲームをやっているかのような構成でテンション上がった〜!
スクリーンに流れるシーンのチョイスも、トリエルの電話で「くどく」を選んだり、ナプスタブルークの家で横になって宇宙を見るシーンなど、ゲームを知ってたらクスッとくるシーンが多くて嬉しくなる。
あたいはいせきではベジトイドにかなり苦戦したので、ベジトイドが登場すると「じゃぐも」を応援して自然と体に力が入ってしまっていた笑
トリエル戦が終わると、いせきから出るときのフィーーーンという音から、タイトルの「ドン!」というSEまで再現。
スクリーンの映像にもピッタリ合っていて、もうこれゲームじゃん!?って感動した〜!

第二章は「雪景色のスケルトン」(Webサイトでは「スノーフル」)
あたいが好きなナイスクリームのお兄さんが映って嬉しい〜!笑顔がステキなんだよな〜
「ナイスクリーム」っていう名前も声に出したくなるアイテムベストスリーに入る(ビチャビちゃとポペトチッスプも好き)
サンズのテーマやパピルス戦の曲だけでなく、レッサードッグ戦の曲やスノーフルのウキウキした曲も流れて、なんとなく会場も明るい雰囲気に。

場面はウォーターフェルへ。
じゃぐもはバレエチュチュを拾ったり、サンズに望遠鏡使用料を請求されたり…
そうそう!あったあった!というイベントのオンパレードで、帰ってすぐゲームをやりたくなる感じに。
テミー村の映像では「ぼくはボブです。」で会場から笑いが。
ウォーターフェルの締めはもちろんアンダイン戦!
アンダインの曲はやっぱりかっこいいな〜!オーケストラアレンジもバッチリ合ってて最高。
ジャン!って感じで曲が終わるのと同時にスクリーンには「第三章 ロイヤル・ガード隊長 アンダイン」の文字が!
かっこい〜〜〜〜〜〜!!

いよいよじゃぐもの冒険も終盤へ。
さつじんロボのキラキラキッチンや爆弾解除イベント、マフェット戦など、この章は特に濃いシーンが多い!
マフェット戦はすごく苦労したので、ここでもじゃぐもをすごく応援してしまった…
コアの曲は出だしが木琴的な楽器がキラキラした音を出しててキレイだった〜
メタトンEX戦は文字入力の画面でちょっと笑ってしまった。
あれだけ Spear of Justice をべた褒めした後でなんだけど、道中のボス曲では Death by Glamour が一番好きです。
メタトンも登場回数が多いからか、気づくと好きになってるよね…ポプテピピックに出てきたときはホントに嬉しかったな〜
最後「第四章 メタトン」と表示されるところも、ポプテピピックでパロってたシーンでニッコリしてしまった。

第五章タイトルは「アズゴアとひとつのエンディング」
うそ!もうエンディング!?あっという間すぎでしょ…と思いながらも、じゃぐもはニューホームへ。
ここでもバリアの音SE?を何かの楽器で再現してた。楽器、なんでもできるんだな!すげえぜ!
アズゴア戦のイントロに合わせて、スクリーンにも戦闘開始時のメッセージが流れる。
観客もいよいよか…感が高まってからのアズゴア戦、戦うじゃぐもを我々は見守ることしかできない!(しかしじゃぐも、普通にプレイがうまい)
アズゴア戦が終わるとその後のシーンが流れ、なんと乱れたオープニング画面のバグった音声まで再現…!トラウマが蘇る!
そしてここで初モザイク!
「音楽のみお楽しみ下さい」的な文言と、ぼんやりしたフラウィ戦の映像が流される。
シュール過ぎるでしょ…と思ってたけど、ゲームを経験していれば何が起きてるかだいたいわかるので、途中からは慣れて普通に見れるように。

第五章が終わったところで20分の休憩。
正直休憩いらないよ!もう最後まで駆け抜けてよ!というテンション。
相変わらず物販の列が凄いらしかったけど、どんどんパンフがほしくなる。
ほ氏と「帰りには絶対買おう」とケツイをみなぎらせた。

第六章は「アズリエルとおちてきた子の真実」。
再びオープニング曲からスタート。
デートの曲をやったあと、すぐ「しんじつのラボ」へ。
エレベーターの警告音から墜落音までまた再現。すげえ〜!
あたいが好きなアマルガムの曲!2リピートくらいやってくれて長い!嬉しい!
アマルガムの曲はゲーム版の完全再現というより、アレンジがうまくはまってる感じでこっちもすごく嬉しかった〜
スクリーンでは LEMON PAN と戦うじゃぐもが。あたいはあいつの歯をほぼ避けられなかったよ…

このあたりからスクリーンがかなりクライマックス(ぼかし祭り)に。
アズリエルがしゃべるシーンは普通に流れたけど、その後の「アズリエル・ドリーマー」と表示されるところはキャラクターだけぼかされるという…
ぼかしの基準はけっこう謎だったな〜
Hopes and Dreams はオーケストラ演奏も文句なしにステキだし、単に感動するというより、いろいろな感情が沸き上がってきて大変だった〜
個人的にはこの曲がセーブセレクト画面の曲のアレンジということを重要に感じてて、初めて聴いたときはこの冒険のことを思い返すのと同時に、アズリエルの不遇さにつらくなってすごく泣いてしまった…

第六章が終わると指揮者の人が一度退場。
スクリーンには突然、赤い文字で「これ以上ここにいると後悔することになるかもしれません」的なメッセージと60秒のカウントダウンが!
めっちゃ演出凝ってる!すごい!もちろん誰も出ていかない笑

そして赤字で「終章」と表示され、これまでずっとスクリーンに姿を現さなかったフラウィが登場。
そこからは、トリエルやパピルスの最期、形がなくなってしまった雪だるま、無人のスノーフルなど、つらい映像の数々が…
ヒーロー戦もぼかしがかかってて、赤字で「見るな」という表示に。
合間合間にアンダインとの楽しかったワンシーンが流れる…そこまでする〜!?しんどい!!
あとレベルが上がってるじゃぐもを見るとつらい気持ちになるよ〜!うえ〜ん!
からのみんな待っていたであろう MEGALOVANIA!
戦闘シーンはもちろん全モザイク。
ほ氏の2時間の死闘を思い出す…

MEGALOVANIA が終わると、chara が画面に。
これもしかしてあのシーンじゃ!?
案の定、ブキミなかおで迫ってきて「9999999999999999…」で終章終了。
Gルートの後味の悪さまで再現されているとは…!

と思ってたら画面にメタトンのクイズ画面が。
「もう一曲聞く?」という質問と、A〜Dの回答。
回答は全部「拍手する」で、みんなめっちゃ拍手!
最後はスタッフロールの曲で明るく締めくくられて、ハッピーエンドと相成りました。
あのままでも個人的にはよかったけど、やっぱこっちのほうがいいよね!

自分用メモなのでダラダラと長く書いたけど、全体的に大満足の演奏会でした。
じゃぐもの冒険に合わせて演奏してくれたのがすごくよかった!
たくさんの名場面にオーケストラ演奏がついてるんだから、そりゃもう最高としか言えないって感じ。
あとなんといっても、あの世界をもう一度体験したい!と強く思わせてくる演奏会だったと思う。
演奏そのものもそうだけど、スクリーンの映像やパンフレット(結局帰りにゲット)など、細かいところに UNDERTALE 愛・こだわりが込められてて、これほどまで愛される素晴らしいゲームなんだな〜というのを改めて実感しました。
またあったら行きたいです!

ブレスオブザワイルドの演奏会もやってくれないかな… 

くすが盲腸になった

実際のところは盲腸っぽい?って感じで終わったんだけど、一応盲腸だったということで。

先週中ごろから腹痛の訴えがあったんだけど、彼つねにお腹弱いし、まあいつものことでしょ!と思ったのと、仕事がスーパー忙しかったのでとりあえずスルーしてしまっていた私。
ところが金曜になって「病院に行く」と言い出し、近所の小さい内科系のクリニックへ。
自分から病院に行くと言い出すことは珍しいので、よっぽど痛かったのか…?
でもここのところ無茶な残業が目立つし、万が一でかい病気だったらどうしよう…
今年医療保険に入れようとしてたからまだ準備できてないよぉ…
などと思ってたんだけど、クリニックの診断によると「盲腸かもしれないから大学病院で検査せよ」。
なるほど盲腸!
身近に盲腸になった人って全然いないので、盲腸は予想してなかった〜!と目からウロコ。
盲腸ならまあ最悪でも切れば治るはず!ということで一安心(切られるのは自分じゃないので明るい)

仕事しながら盲腸について調べたら、盲腸にもいろいろタイプというか段階があって、ただ炎症を起こしているだけの状態なら薬で落ち着かせられるけど、炎症が進んで膿んだり穴開いてたりする場合もあって、そうなると即手術ということらしい。
自力で病院行けるくらいだからそこまでひどくはないと思うんだけど…
と思いつつ、投薬治療でも入院することが多いとかいう情報もあったし、最悪の場合(手術〜入院)も想定していたんだけど、結局その日はCTやら点滴やらして一旦帰ってくることに。
よかった!

その日の診断としては、腸の盲腸に近いあたりが炎症を起こしている(つまり腸炎)という結論だったそう。
ビフィズス菌の薬と抗生物質をもらってきて、数日通院ということで様子見状態だったんだけど、腸炎という診断から3日目の今日、「やっぱり盲腸だったかもね」みたいなことになったらしい。
なんじゃそりゃ!
まあでも微妙な位置だったのかな?

ほぼ治ってるっぽいけど歩くと響くらしくてかわいそう。
あと食事については特に何も言われてなかったのに、今日になって急に「1週間は消化の良いものを」とか言われたらしくて、今さらかよ!と思った。
そして消化の良いものって結局何なの?という問題へ…

今年の振り返り

今年ハマったものから振り返る!

スケートのアニメ
去年から引き続きドハマリしていて、5月と9月に同人誌も出してしまった!人生初の同人誌!
意外にちゃんと作れて、来年も2月と5月にイベントに出る予定です。
4月に劇場版制作発表、7月に幕張のイベントとミュージアム、11月にはコンサート、そして1年中しばしば新規絵の発表があったりして、飽きない1年だった…
それにしても放送から1年たってしまったんだなあ。月並みだけど、あっという間だったっていう感想しかない…
来年もねんどろいどとフィギュアが届いたり、ミズノコラボの服(4万円分)が届いたりするので今から楽しみです!

マギレコ
事前登録だけして忘れてたんだけど、配信当日にたまたま存在を思い出してインストール。
そしてなんと、その日から今日まで毎日ログインし続けてます。えらい!
配信されたその日にまどかちゃんをお迎えすることができて、その後も★4魔法少女にそれなりに恵まれながら(課金はしてる)楽しませてもらってます。
新キャラたちも、始めた当初はそうでもなかったんだけど、ストーリーを追うごとにどんどん好きになって、今ではみんな幸せになってほしいという願いしかない。
かえレナブームが落ち着いてきて、やちいろと鶴フェリあたりがいまの癒やし。

UNDERTALE
1月に出るPS4のパッケージ版を予約してるので楽しみ!
知人がP→G→Pと配信してくれたやつを見たんだけど、最初は全然ピンとこなくて、1回目のアズリエル戦ですごく興味が出てそこからめっちゃハマった。
2回目のPルート終わってからはほんといろいろ考えて、そのことについて配信してくれた子と夜通し話し合うのがめっちゃ楽しかった〜!
曲は Hopes And Dreams が一番好きで、敵はレッサードッグが一番好きです。

ゼルダBotW
Switch買いたい熱がかなり落ち着いてしまって、もしかしたらこのまま買わないかも…と思っていたところでゲームセンターDXのゼルダプレイ動画を見て、買いたい熱がいきなり再燃。
10月の再販で粘りまくってようやく予約できて、11月に届いたその日からずっとプレイしてます。
ゲーム性もBGMもストーリーもキャラデザも全部最高…
1回エンディング見たけど、やってないクエストも行ってない地域もDLCもあるし、来年もしばらくBotW一色って感じになりそう!
時のオカリナのときから思ってるんだけど、リンクかっこいいんだよな〜今回特にかっこいいしかわいいし、沼が深いと感じる…

あとはけもフレとmoonと青野くんにもそれなりにハマった。
moonは途中で飽きて、というか救い方がわからないやつが3匹くらいいて疲れてしまった…のでクリアしてない。
青野くんは3巻もめちゃめちゃ楽しみ。
けもフレはいろいろあったし、2期は見るかどうかわからない…

今年の一大イベントはなんといっても引っ越し!
広さが1.5倍になったので、いろいろとスペース的に余裕ができて嬉しい〜
でもまだ片付いてないところ多すぎる。

他にも、うちの猫を書籍に載せてもらったり、友達が漫画家デビューしたり、夫の実家の猫が亡くなったり、結婚式も2回出席したり、イベント盛りだくさんで大変な1年だった〜
おかげで実家に帰る暇もなく、気づいたら2017年が終わろうとしている。
自分の目の前のことしか見る余裕がなくて、まわりがめちゃくちゃになってしまったりしたこともあったので、来年はもうちょっと余裕を持ちたいな〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。